名刺デザインの役割とは?起業家は名刺で何を伝えるべきか?

名刺デザインの役割とは?起業家は名刺で何を伝えるべきか?

これからはネットとスマホの時代。将来的には無くなるのでは?異業種交流会などで名刺をもらっても後から見ることは少ない。名刺のデザインにこだわるどころか、必要性を感じていない人も増えているという話を聞いたことがあります。

しかし、全くの初対面の人に、自分の仕事を伝えるには多少なりとも会話が必要になってきます。例えば10人20人と交流する場があったとして、そこで名刺がなかったらどうなるでしょう?

デジタル化が進むからといって、コミュニケーションツールである名刺が不要というのは極端な考え方だと思います。むしろ、ネットやデジタル慣れしているこんな時代だからこそ、名刺にはこだわるべきだと思っています。

名刺デザインの役割とは起業家は名刺で何を伝えるべきか?

一般的に名刺は、会社名・役職・名前・連絡先などを伝えるための道具として使われていますが、一番伝えなければいけないことは、「◯◯な人」という印象で、それを伝えるのがデザインの役割です。

自分の人柄、特徴、仕事が伝わり、見込み客が見たときに良い反応が得られる写真とは何か?と考えること。「素敵なお店ですね!」「出版されてるのですね!」など、コミュニケーションを取りやすい写真を選ぶことが重要だと思います。

綺麗な写真を使うだけでは伝わる名刺は作れないということです。

 

次に考えるべきことは美しさです。美しさは、フォント・配色・線・空白によって決まります。言葉で伝えることは難しいのですが、簡単な話、文字だけの名刺であっても「美しい」と思えることが基本だと思っています。

 

そして、最後に確認することはインパクト(掴み)と具体性です。どのような言葉をどのような形で表現すれば、より伝わるのか?

クライアントが一番伝えたいこと、またクライアントの見込み客が響くポイントを重ねて考えていきます。

「これだ!」という言葉が浮かぶまでには、何ヶ月もかかる場合もありますが、この瞬間が一番クライアントとともに喜べる時間であり、やりがいでもあります。

 

1年後のわたしは、今よりも健やかで美しい
カラダと心、私の人生はもっと良くなるに違いない

具体的なかっこわるい。具体的な表現はいけてない。そう思い込んでる方も多いようですが、それは間違いです。

どこで何をやってる人なのか?どんな商品やサービスを提供しているのか?何も情報が記載されていのに、わざわざ相手が質問してくることはないでしょう。

LOVE MAYSELF プログラムと記載しているから、「名刺に書いてあるプログラムに興味があります!」と言ってもらえるのです。

 

 

名刺デザインの役割とは?起業家は名刺で何を伝えるべきことは次の4つです。

職業・特徴
印象インパクト
美しさ・見やすさ
商品サービス

誰に何を伝える名刺なのか?しっかりと基本コンセプトとをまとめて、伝えるべき要素を「91mm×55mm」という限られたスペースで表現する。これが私が考える名刺デザインです。

 

名刺カードデザイン
納期3週間から4週間
名刺カードデザイン(両面)27,000円

名所カードデザイン(2つ折り)54,000円
※別途印刷代

ご依頼ご相談はこちらのフォームからお願いいたします。

 

お客様のご紹介

堀尾智美さま
岐阜県可児市
本格エイジングケアの隠れ家自宅サロンピュアスノウ
blog
https://ameblo.jp/pure-snow829/
webサイト
http://horiotomomi.com