素人カメラマンが写真撮影で月商100万円稼ぐ方法

素人カメラマンが写真撮影で月商100万円稼ぐ方法

カメラを覚えれば稼げる。一時フリーカメラマンになる人が増えていたような気がします。カメラマンからの相談もたまに入るのですが、売上を聞いてびっくり!どうやって生活しているの?というレベルです。

まず風景写真についてはほぼお金にならないでしょう。よほど実力があって企業からオファーが入るようにならなければ商売として成り立ちません。

ストックフォト、写真集、写真展などは時間とお金がかかりすぎます。ストックフォトで稼いでいる人もいますが、人によっては何万枚も写真をアップしてやっと毎月15万円とかという話も聞いたことがあります。

広告写真については、広告代理店・制作会社などから仕事が入ることが多く、個人カメラマンにいきなり依頼が入るということは少ないと思います。

現実的にできるとしたら、SNS用のプロフィール撮影や1撮影2万円程度のフリー撮影などになりますが、100万円稼ぐためには毎月50件の仕事を獲得しなければいけません。それも毎月の話です。笑

世界のコレクターに売るという方法もあるようです。北海道のある自称カメラマンはポルシェ1台分くらいの価格で写真が売れてるとか。信じるか信じないかはあなた次第ということで..

結論から言いますと、素人がカメラをちょっと覚えた程度で毎月100万円稼ぐなんてそんな甘い世界ではないということですね。これはカメラだけの話ではありませんが。

素人カメラマンが月商100万円を稼ぐには?

方法はあります。私がプロデュースしたカメラマンのほとんどは月商100万円以上になってます。興味のある方はメッセージをください。頭を使えばなんとかなるものです。